平成30年度 第2次補正予算・小規模事業者持続化補助金の公募が開始されました。

小規模事業者が、商工会の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の3分の2を補助します。

・補助内容は?

補助上限額50万円

※複数の事業者が連携して取組む事業の場合、上限100万円~500万円(連携する小規模事業者による)

補助対象経費の3分の2以内

・補助対象事業は?

販促用のチラシ作成、店舗改装、展示会への参加等、販路開拓のための取組のほか、販路開拓とあわせて行う業務効率化(生産性向上)の取組についても補助対象となります。

・対象経費は?

機械装置等費、広報費、展示会等出展費、旅費、開発費、外注費等

補助対象者は?

商工会の管轄地域内で事業を営む小規模事業者(個人・法人)

対象業種 従業員数
卸売業・小売業 5名以下
サービス業(宿泊業・娯楽業以外) 5名以下
サービス業(宿泊業・娯楽業) 20名以下
製造業その他 20名以下

※医師、歯科医師、組合(企業組合・協業組合を除く)、一般社団法人、一般財団法人、医療法人、宗教法人、NPO法人、学校法人、農事組合法人、社会福祉法人、任意団体、申請時点で事業を行っていない創業予定者 等は補助対象者に該当しません。

・締切

第1次 2019年6月28日(金)

第2次 2019年7月31日(水)

募集案内はこちら》

公募要領等は、東京都商工会連合会のホームページご確認ください。

https://www.shokokai-tokyo.or.jp/p/4754

※商工会で申請書を確認する作業が必要なため、お早めに商工会へお越しください。