【東京労働局からのお知らせ】

一定の要件を満たした有期契約で働く方に、

無期契約への転換申込権が発生します

 1年更新などの労働契約(有期契約)であっても、契約が5年を超えて反復更新された場合には、働く方の申出により無期契約に転換できます(無期転換ルール)。

平成30年4月以降、有期契約で働く多くの方に無期契約への転換申込権が発生することが見込まれますので、企業の皆様におかれましては、社内規程の整備などの準備をお願いします。

 なお、定年後継続雇用の高齢者などについては、労働局長の認定を受けた場合は無期契約への転換申込権が発生しないとする特例が設けられています。

 この認定を希望する場合は、できる限りお早めの申請をお願いします。

【お問合せ先】

東京労働局 雇用環境・均等部指導課

(無期転換ルール全般)総合労働相談コーナー ℡03-3512-1608

(無期転換ルールの特例関係)有期特措法担当 ℡03-3512-1611

 

仕事は計画を立てて行うもの。それでは休暇は?

「仕事休もっ化計画」

1月4日・5日を休んで連続休暇に

働いている皆さん、年末年始の前後に年次有給休暇を取得して、心と身体をリフレッシュしてみませんか。仕事と同じように、有給も計画的に取得しましょう。

 特設サイトで、勤続期間に応じた年次有給休暇の付与日数などが確認できます。

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/sokushin/index.html

【お問い合わせ先】

東京労働局 雇用環境・均等部 指導課

 働き方改革担当 電話03-3512-1611

2017年11月28日 09:46